「じゃばら」紀伊半島の中央部にある和歌山県北山村でしか採れない柑橘系の果物です。
」 昔から花粉症に効果があるのでは、とは言われていましたが、知る人ぞ知る、程度の情報でした。
しかし、ここ数年でテレビ放送が何回かされて、認知度も高くなり、商品としても多数存在するようになったため話題になりました。
じゃばら果実
注目したいのは、なぜ「花粉症に効果がある」とされたのか。

和歌山県の技術センターの調査では、
「じゃばらには花粉症(アレルギー)の原因となる脱顆粒現象を抑制する機能があり、香酸柑橘果実の中で特異的に多く含まれるフラボノイドのナリルチンがその一つである可能性が高い」
との研究結果が出ているそうです。
つまり、「ナリルチン」という成分がポイントになります。

他の柑橘系果実のナリルチンの値を見てみましょう。


じゃばらナリルチン含有用の比較表
※ 日本じゃばら普及協会スーパーフラボノイド「ナリルチン」から抜粋

じゃばらのナリルチン含有量の多さがわかります。

もう一つポイントとなるのが、じゃばらの、特に果皮に多く含まれる「苦み成分」です。
この苦み成分は「リモノイド」と呼ばれ、柑橘系果実の苦みの主成分であると同時に、アレルギー症状を促進させると言われています。 花粉症の対策としてじゃばらを摂取するのであれば、このリモノイド成分を除去もしくは軽減されている商品が理想です。


表示切替: 並び順: 在庫:
4件中1件~4件を表示
4件中1件~4件を表示

会員登録

おすすめ商品

マヌカハニー関連

じゃばら関連
寝かせ玄米ごはん

カレンダー
  • 今日
  • 店休日
  • 出荷不可

ご注文は24時間お受けしております。

店長日記

こんにちは!店長の山本です。

国内産や有機などにこだわった商品を紹介できればと思っています。
食品・漢方・医薬品・雑貨を中心としたラインナップで皆様に健康をお届けできますように頑張ります!

店長日記はこちら >>

ページトップへ