店長日記

増税?据え置き? 消費税改定と軽減税率

こんにちは、山本です。

2019年10月1日より、ついに消費税率が変わります。

そして日本史上初(?)複数の税率が適用されることになりました。

これには賛否両論、いや賛はあるのかというほどの複雑さを生み出すことに…。

複数の消費税率とは「8%」と「10%」が存在することになり、「食品」が8%、「それ以外」が10%と定義されています。

あとは、食品でもお持ち帰りかイートインなのかで税率が変わります。

テイクアウトかイートインかの分類分けは専門分野ではないので置いておいて…。

今日は薬局においての「食品」と「それ以外」についてお話します。

日の丸薬局では多数の健康食品を取り扱っており、商品である以上10月からの消費税率は8%のままです。

しかし薬局なので医薬品や漢方薬が主な商品となり、こちらは「食品ではない」ので10%となります。

注意すべき点は、「医薬部外品」で、こちらは「食品ではない」扱いとなり、10%の消費税率が適用されます。

栄養ドリンクや整腸剤などがそれに当たります。

分類が難しいのは、「オブラート」や「カプセル」などの嚥下補助製品ですね。

こちらは食用のゼラチンなどを使用しており、口に入れて飲み込むものなので「食品」となり、8%での軽減税率対象品となります。

ちなみに、食用の「牛」は生きている状態では食べられない「食品ではない」ものなので10%、様々な検査を受けカットして店先に並んで売られている「牛」は「食品」なので8%の税率となります。

なにか、とんちみたいですね…。

コメントする

名前

URL

コメント

季節のおすすめ品 1月~3月

カレンダー
  • 今日
  • 店休日
  • 出荷不可

ご注文は24時間お受けしております。

日の丸薬局公式ホームページ

店長日記

こんにちは!店長の山本です。

国内産や有機などにこだわった商品を紹介できればと思っています。
食品・漢方・医薬品・雑貨を中心としたラインナップで皆様に健康をお届けできますように頑張ります!

店長日記はこちら >>

ページトップへ